忘れない

大阪近鉄バファローズ


第2章 バファローズの危機


2003年から続いたバファローズの親会社・近畿日本鉄道株式会社グループのリストラ。

・大日本土木株式会社の倒産
・OSK日本歌劇団の支援打ち切りによる解散
40年続いた民放最長寿番組「真珠の小箱」の放送打ち切り
・近鉄あやめ池遊園地の閉鎖
・近鉄花園ラグビー場を手放したいとの報道
・その他

およそ年間5000万円の赤字であるOSKの解散はかなりのショックでした。
阪急の宝塚以上の歴史を誇る近鉄のOSK。
近鉄のイメージリーダー的な存在であると言っても過言ではありません。
赤字が年間数十億円であるなら解散も仕方ないかも知れませんが、やり方によっては
黒字に転換する事も可能な金額での支援打ち切り。
この報道を聞いた時、目の前が真っ黒になりました。

このままではバファローズも危ないのではないか?